子供用自転車のサイズ

子供用自転車のサイズ目安

子供用自転車のサイズアップ

自転車の適正サイズの目安表

子供用自転車のサイズってイマイチわかりませんよね。大人なら24インチか26インチくらいとすぐにわかりますが、子供用の自転車はピンと来ません。下の表が目安となりますので、お子様の自転車を初めて購入される場合やサイズアップする場合の参考にして下さい。

一番小さい自転車は一般的に12インチから売られており、2才くらいから乗ることができます。

サイズ 身長の目安 年齢の目安
12インチ 80〜105cm 2〜3歳
14インチ 91〜108cm 3〜5歳
16インチ 98〜119cm 3〜6歳
18インチ 103〜125cm 4〜8歳
20インチ 111〜135cm 5〜9歳
22インチ 116〜146cm 6〜11歳
24インチ 122〜154cm 7歳以上

ただし、自転車メーカー、車種によって身長の目安は微妙に変わってきますので、ご注意下さい。

子供用自転車選びの最重要ポイント!!

子供用自転車のサイズアップ2

お子様の自転車を選ぶ最も大事なポイントは、両足が地面にしっかりと着くかどうかです。つま先立ちでギリギリ届いているだけでは、安定感がなく、よろけやすくなります。ただでさえ自転車は非常に危険な乗り物なのに、さらに危険要素を増やすと事故になる可能性も増えていきます。

また、大きめの自転車を選ぶと足の問題以外にも「重さ」や「操作性」の問題も出てきます。初めて補助輪なしの自転車を乗るお子様は特に、うまく乗りこなせなかったりする原因となります。

長く使いたいから出来るだけ大き目の自転車を選びたくなるのはわかりますが、子供の安全を最優先して適正サイズの自転車を選びましょう。

子供用自転車選びは絶対に店頭で!!

子供用自転車のサイズアップ3

「両足が地面にしっかりと着く」ことが重要と言いましたが、それを確かめる方法は1つしかありません。
それは店頭に行くことです。昨今はインターネットで自転車を購入することもできる世の中ですが、お子様の自転車くらいは、きちんとお店に行ってサイズを合わせることをオススメします。

上の目安表通りに自転車を選んだとしても、メーカーや車種によって微妙にサイズが大小したりします。小さいぶんには、それほど問題はありませんが、1cm、2cm大きいだけでも足がしっかりと着かなかったりします。
なので、必ずお店で試乗することが重要なのです。

ネットでしか買えない自転車であっても、近所の自転車屋に行って、同じインチの自転車に試乗してみましょう。乗ってみるだけなら無料なので、買わずに帰ってくればOKです。ただし、その場合は、ギリギリのサイズを購入するのではなく、余裕のあるサイズにしましょう。試乗したとは言え、全く同じ車種ではないので、安心したサイズ選びをオススメします。

サイズアップ時期の目安は?

子供用自転車のサイズアップ3

自転車の買い替え(サイズアップ)の目安は、やはり「身長」の変化が1番重視すべきポイントです。
小さな自転車に乗り続けていると、当然窮屈になってきますし、乗りにくくなってきます。大人が見ても窮屈さは伝わりますので、時々気に掛けてあげて下さい。サドルを最も高い位置まであげても、地面に足を付けると膝が曲がるくらいまでの状態のときも買い替えのタイミングです。

しかし、実際一番多いサイズアップのタイミングは、子供が自ら教えてくれるようです。仲の良い友達が、カッコイイ自転車にしたから自分も欲しいと言ってきたり、ギアチェンジのある自転車にしたいなど「嗜好」の変化によって買い替える方がほとんどのようです。

統計によると、小学1、2年生(6〜8歳)で初めて自転車を購入する人が1番多いそうです。そこから3年周期くらいで、買い替えをしていくのが一般的のようですので、参考にしてみて下さい。

参考になる動画

[ サイズ.COMトップページへ ]

人気のある記事


子供用自転車のサイズ目安をご紹介。6歳の子にはどの大きさ?サイズアップの目安は?

Copyright c 2011-2017 サイズ.COM All Rights Reserved.