用紙サイズ一覧:A紙、B紙

A・B用紙サイズ表

Aシリーズ
規格 短辺×長辺(mm) 比率
A0サイズ 841×1189 1:1.414
A1サイズ 594×841
A2サイズ 420×594
A3サイズ 297×420
A4サイズ 210×297
A5サイズ 148×210
A6サイズ 105×148
A7サイズ 74×105
A8サイズ 52×74
A9サイズ 37×52
A10 26×37

Aシリーズのサイズ表

Bシリーズ(JIS規格)
規格 短辺×長辺(mm) 比率
B0サイズ 1030×1456 1:1.414
B1サイズ 728×1030
B2サイズ 515×728
B3サイズ 364×515
B4サイズ 257×364
B5サイズ 182×257
B6サイズ 128×182
B7サイズ 91×128
B8サイズ 64×91
B9サイズ 45×64
B10 32×45

Bシリーズのサイズ表

どうやってサイズは決まったの?

日本で紙の規格と言ったらA4、A3などに代表される「Aシリーズ」とB5、B4などに代表される「Bシリーズ」が代表的なものになります。
AシリーズもBシリーズも、短辺と長辺が「1:√2(ルート2)」という「白銀比」で成り立っているのが特徴で、古くから美しい形の比率とされてきたものです。
これを基に、AシリーズはA0の面積が1uになる値を短辺・長辺と定めました。よって、A0の841mm×1189mmを計算すると1uとなります。
また、白銀比の素晴らしいところは、長辺を半分にすると、別の白銀比の長方形がうまれるように設計されていることです。つまり、A0の長辺を半分にするとA1になり、A1の長辺を半分にするとA2になります。

日本のB5と欧米のB5って違うんです

Aシリーズに関しては、世界共通なんですが、Bシリーズについて言うと実は日本と欧米で寸法が違っていて、国際規格と互換性がありません。
日本のBシリーズは、江戸時代の公用紙であった「美濃紙」をもとに定めたもので、B0の面積を1.5uにして作った規格です。
それに対して国際規格のBシリーズは、B0の短辺を1m、長辺を√2(1.414)mにした規格となっています。
日本のBシリーズは日本の他に中国や台湾でも使用されているそうです。

ちなみに国際規格には、A・Bシリーズの他にもCシリーズというのもあります。日本では全然馴染みがありませんよね。他の国には、さらにD、E、F、Gまで規格があるところもあるらしいです。

[ サイズ.COMトップページへ ]

人気のある記事


用紙サイズ一覧 A紙・B紙

Copyright c 2011-2017 サイズ.COM All Rights Reserved.