ドトールコーヒーのサイズ (容量)

ドトールのサイズ

ドトールのサイズ

ドトールコーヒーは、日本国内に1000以上の店舗を構えている人気コーヒーショップです。 カフェにおける顧客満足度調査では、常に上位に君臨しており、ユーザーからの評価も高いコーヒーショップです。

ドトールコーヒーのサイズ容量

  S M L
ホット系 150ml 180ml 270ml
アイス系 150ml 200ml 250ml

ドトールには、「S」・「M」・「L」の3種類のサイズが存在します。

ホット系のドリンクは、Sサイズが150ml、Mサイズが180ml、Lサイズが270ml。
アイス系のドリンクは、Sサイズが150ml、Mサイズが200ml、Lサイズが250ml。

ホット系とアイス系で、微妙に容量が違いますが、このようになっています。

スタバとの比較

スタバとドトールの比較

ショート トール グランデ ベンティ
240ml
(アイス:300ml)
350ml 470ml 590ml

スターバックスの容量とドトールの容量を比較すると、スタバがいかに容量が多いかがわかります。

その理由は、ドトールは日本の企業であり、スターバックスはアメリカの企業であるからだと思われます。

そもそも日本人は、コーヒーをガバガバと飲む習慣がありません。缶コーヒーがジュースに比べて、容量が少ないことからもわかります。

アメリカでは、大きめのサイズが好まれており、ベンティよりさらに大きい「トレンタ」という910mlのサイズがあるくらいです。(日本には無いサイズ)

ドトールの魅力

ドトールの魅力

ドトールコーヒーの魅力の一つは「安さ」。
ブレンドコーヒー・アイスコーヒーをテイクアウトした場合の料金は、Sが220円、Mが270円、Lが320円となっており、気軽に来店できるイメージがあります。

厳選されたコーヒー豆を仕入れ、じっくりと焙煎した味わい深いコーヒーはもちろん、モーニングセットや「ミラノサンド」などのフードメニューも充実しているなど、魅力はいっぱいあります。

参考になる動画

[ サイズ.COMトップページへ ]

人気のある記事


ドトールコーヒーのサイズについて徹底解説!!

Copyright c 2011-2017 サイズ.COM All Rights Reserved.