PS Vitaの本体サイズについて解説

PS Vitaの本体サイズ

中吊り広告のサイズ

ソニー・インタラクティブエンタテインメントが2011年に発売開始した携帯ゲーム機「PlayStation Vita」(PS Vita)のサイズについて解説します。

PS Vitaは大きく分けて2種類があります。
2011年から販売が始まった初期モデルである「PCH-1000シリーズ」と2013年から販売が始まった改良版モデル「PCH-2000シリーズ」です。
見た目の見分け方としては、SONYのロゴの位置やスピーカーのデザインなどが違います。

PCH-1000シリーズの本体サイズ

Switchの本体サイズ

初期に売られていた「PCH-1000シリーズ」のサイズは
縦83.5mm×横182.0mmx厚さ18.6mm
です。

ちなみに、
PCH-1000シリーズには、ネットワーク機能が3G回線とWi-Fiの両方に対応しGPS機能を搭載した「3G/Wi-Fiモデル」(PCH-1100)と、Wi-Fiのみに対応しGPS機能を持たない「Wi-Fiモデル」(PCH-1000)の2種類が存在。サイズはどちらも一緒ですが、重量がPCH-1100の方が若干重くなっています。PCH-1100:279g、PCH-1000:260g

PCH-2000シリーズの本体サイズ

Switchの本体サイズ

2013年から販売が始まった「PCH-2000シリーズ」のサイズは
縦85.1mm×横183.6mmx厚さ15.0mm
となります。

ちなみに、重さは約219g
PCH-1000シリーズに比べ本体が薄型軽量化され、バッテリー持続時間が長くなっています。

「PS Vita」に関連する動画

[ サイズ.COMトップページへ ]

人気のある記事


PS Vitaの本体サイズについて徹底解説!!

Copyright c 2011-2017 サイズ.COM All Rights Reserved.