B5サイズについて解説します

B5サイズ

182 × 257 ミリ

B5サイズ

「B5」サイズは 182mm × 257mm
B5サイズを、2倍にした大きさがB4サイズで、B5サイズの半分の大きさがB6サイズとなります。
ノートやコピー用紙はA4サイズが最も使用されていますが、A4よりも少しだけ小さい「B5」も扱いやすい大きさということで、人気の高い規格です。

関連ページ
A・B 用紙サイズ一覧表
A0 A1 A2 A3 A4 A5 A6 A7
B0 B1 B2 B3 B4 B5 B6 B7

B5サイズのあれこれ

・ノートの大きさ比較

ノートの大きさ比較

学校や仕事で使う人気の高いノートサイズを比較してみました。
B5サイズのノートは学生に最も一般的なサイズで、同じ大きさの教科書も多いため、授業用ノートに最適です。

[ノートだけ「セミB5」のなぞ]
ノートのB5というのは、B5本来の182 × 257mmではなく、「セミB5」と呼ばれる179×252mmが使われます。本来のサイズよりも横が3mm、縦が5mm小さいだけなので、ほぼわからないくらいの差ですが、基本的には「セミB5」サイズが採用されています。
昭和38年頃までは、B5正規サイズで売られていたようですが、原紙のカット方法が変わり、コストダウンや無駄なく紙を使う工夫として、B5より少し小さくした「セミB5」が採用されるようになったようです。

・B5サイズ用の最適な封筒

B5サイズ用の最適な封筒

[B5用紙を折らずに送付する場合]
B5サイズの紙を折らずに送付する最も最適な封筒は、角形3号(角3)封筒です。角3封筒のサイズは216×277mm。B5用クリアファイルに入れて送っても余裕がある大きさです。B5サイズの雑誌・書籍を送る際にもオススメです。

[B5用紙を定型郵便で送付する場合]
B5サイズを定型郵便で送付する場合は、長形4号(長4)封筒がオススメです。長4封筒のサイズは90×205mm。長辺を三つ折りにするか、四つ折りすることで、封筒内に綺麗に収まります。三つ折りにする場合は、正確に折らないと収まりませんのでご注意下さい。

・身近なB5サイズ規格の商品

身近なB5サイズ規格の商品

B5サイズ規格の商品は多々ありますが、わかりやすいのが「週刊少年ジャンプ」や「週刊少年マガジン」が挙げられます。子供の頃に一度は使う「ジャポニカ学習帳」の1番人気のサイズもB5です。

・B5サイズに関するデータ

項目 データ
B5サイズ(単位:mm) 182 mm × 257 mm
B5サイズ(単位:cm) 18.2 cm × 25.7 cm
B5サイズ(単位:inch) 7.17 inch × 10.12 inch
B5サイズ(単位:pt) 516 pt × 728 pt
面積 467.74 cm²(46774 mm²)
縦横比 1 : 1.414(√2)
対角線の長さ 31.49 cm(314.9 mm)
B5サイズのピクセル数
72dpi 144dpi 200dpi 300dpi 400dpi 600dpi
516
×
729
1032
×
1457
1433
×
2024
2150
×
3035
2866
×
4047
4299
×
6071

(単位:Pixel)

[ サイズ.COMトップページへ ]

人気のある記事


B5サイズについて詳しく解説。B5って何cm?どれくらいの大きさなの?

Copyright c 2011-2017 サイズ.COM All Rights Reserved.