新聞紙の大きさについて

新聞紙のサイズ

新聞紙のサイズとは?

日本の一般的な新聞紙大きさは「ブランケット判」と呼ばれ、1ページのサイズ縦546mm×横406mmです。

また、新聞紙1枚(見開き)の場合は ブランケット判の倍の大きさですので、縦546mm×横812mmとなります。

また「夕刊フジ」や「日刊ゲンダイ」に代表される一回り小さ目の新聞は「タブロイド判」と呼ばれ、1ページのサイズは縦406mm×横273mmです(ブランケット判の半分の大きさ)。

・なぜ、新聞紙はこの大きさなのか?

日本の新聞紙はこの大きさになったのか?

新聞紙がこの大きさになったのは、印刷機が関係しています。1890年(明治23年)に、当時の東京朝日新聞がフランスから、それまでの約20倍の印刷能力を持つ高速の印刷機を輸入。その印刷機に適したサイズが現在のサイズであったというわけです。

現在では、スマートフォンやタブレット端末で読むことができる電子版というのも流行ってきています。
若者を中心に新聞離れが深刻になり、新聞発行部数は年々減っている時代となりました。
100年後に新聞は存在しているのでしょうか?そんなことを考えると、少し寂しい気持ちになります。

[ サイズ.COMトップページへ ]

人気のある記事


新聞紙のサイズ(大きさ)について解説します!!

Copyright c 2011-2017 サイズ.COM All Rights Reserved.