野球ボールの大きさについて

軟式野球ボールのサイズ

小学校の机の天板サイズ

  M号球 J号球
目安 中学生 〜 一般 小学生用
直径 72±0.5mm 69±0.5mm
重さ 138±1.8g 129±1.8g
反発高さ 80±10cm 70±10cm

軟式野球で使用されるボールは、軟球(なんきゅう)とも呼ばれ、直径・重量・反発の違いで、M号(メジャー)とJ号(ジュニア)に区別されています。

M号球は中学生以上の大会で、J号球は小学生の大会で使用されています。素材はゴム製。公式試合に使われる公認球は、硬さや縫い目の数などもすべて厳密に決められています。

硬式野球ボールのサイズ

小学校の机の天板サイズ

  硬式
目安 小学生 〜 プロ
直径 72.93〜74.84mm
重さ 141.7〜148.8g
反発高さ 48〜55cm

プロ野球や高校野球でも使用されている硬式のボール(硬球)は、大きさが直径72.93mm〜74.84mm、円周は22.9cm〜23.5cmです。重量は141.7g〜148.8g。反発高さは48〜55cmと規定されています。

軟球よりも許容範囲が広いのは、球の構造が複雑なのと、硬球の縫い目は人の手で縫っているため、微妙に重さや長さに違いが出てくるからです。

また、硬式野球はボールが1種類しかなく、小学生のリトルリーグだろうと高校野球だろうとプロ野球だろうと同じボールを使用します。

ちなみにプロ野球は、各チームどの球場でも同じボールを使用しており、統一球としてミズノ製のボールを使用しています。ちなみに、高校野球の甲子園でもミズノ製のボールを使用しています。

野球のボールに関する動画

[ サイズ.COMトップページへ ]

人気のある記事


野球のボールの大きさについて解説。軟式と硬式でどう違う?

Copyright c 2011-2017 サイズ.COM All Rights Reserved.