A0サイズについて解説します

A0サイズ

841 × 1189 ミリ

A0サイズ

A0サイズは「841 × 1189mm」と規定された紙の規格です。
長辺が1mを超える大きな規格で、ポスターや大判パネル、タペストリー、図面などに用いられます。
A0はAシリーズの基準となった大きさで、面積が1m2となります。

関連ページ
A・B 用紙サイズ一覧表
A0 A1 A2 A3 A4 A5 A6 A7
B0 B1 B2 B3 B4 B5 B6 B7

A0サイズのあれこれ

・A0用紙ってこんな大きさ

A0用紙ってこんな大きさ

A0サイズを人と比べると右図のような感じになります。
人間の肩からスネ辺りまでがすっぽり覆われるくらいの、大判サイズであることがわかります。

身近なものだと「新聞紙」を広げた状態のものを2つ並べたがA0に近い大きさです。(厳密にはA0の方がやや大きい)

・A0と他のポスターサイズの比較

A0と他のポスターサイズの比較

A0サイズと他のポスターサイズを比較すると上の図のようになります。「大判サイズ」と呼ばれるポスターも、いろいろなサイズ規格があることがわかります。A0サイズくらいになると、個人の部屋に貼るポスターとしては大き過ぎるかと思います。インパクトがある大きさなので、店頭や展示会、広告としてなど、商業的に使われることが多いサイズ規格です。

・A0サイズに関するデータ

項目 データ
A0サイズ(単位:mm) 841 mm × 1189 mm
A0サイズ(単位:cm) 84.1 cm × 118.9 cm
A0サイズ(単位:inch) 33.11 inch × 46.81 inch
A0サイズ(単位:pt) 2384 pt × 3370 pt
面積 9999.49 cm²(999949 mm²)
縦横比 1 : 1.414(√2)
対角線の長さ 145.64 cm(1456.4 mm)
A0サイズのピクセル数
72dpi 144dpi 200dpi 300dpi 400dpi 600dpi
2384
×
3370
4768
×
6741
6622
×
9362
9933
×
14043
13244
×
18724
19866
×
28087

(単位:Pixel)

・そもそもAシリーズって何?

A0サイズを含むAシリーズは、世界各国で使われている紙の寸法を規定する「ISO 216」という国際規格です。(日本の規格「JIS P 0138」にも規定されています)
Aシリーズの紙は、1:√2の縦横比を持ちます。1:√2は「白銀比」とも呼ばれ、A判以外にも、B判にも使われています。白銀比の特徴は、半分に折っても、長方形の形が変わらないところです。
Aシリーズの基準となるのは、A0で面積が1m²です。続くサイズ(A1、A2、A3・・・)は、前のサイズの紙の長辺を半分に切った大きさとなります。

[ サイズ.COMトップページへ ]

人気のある記事


A0サイズについて。A0コピー用紙のサイズ。

Copyright c 2011-2017 サイズ.COM All Rights Reserved.