小学校の机のサイズ

小学校の机の天板サイズ

小学校の机の天板サイズ

小学校の机の大きさについて解説していきます。

そもそも小学校の机の大きさは、全国統一ではなく、各小学校によって異なります。とは言え、一番流通しているサイズというのは存在しますのでご紹介します。

小学校で一番普及している天板サイズ

一番普及している天板サイズ

現在1番使用されている天板サイズは、幅650×奥行450mmです。
これは、新JIS規格と呼ばれるサイズで、現在の小学校では最も普及しています。

次に普及している天板サイズ

その次に普及しているサイズは、幅600×奥行400mmです。
これは、旧JIS規格で採用されていたサイズで、1999年(平成11年)よりも前に購入された古い机を使用している場合は、このサイズ規格である可能性が高いと思います。


その他にも、新JIS規格には600×450mm700×500mmなどもありますし、旧JISの600×400mmというサイズも未だに販売していますので、学校によってはこういうレアな机を使用しているケースあるかと思います。

最適なナフキン(ランチョンマット)のサイズは?

小学生の最適なナフキン(ランチョンマット)のサイズ

公立の小学校に入学すると必要になってくるのがナフキン(ランチョンマット)です。
お気に入りの生地で手作りしたいという方も多いかと思います。
それでは、どの大きさで作れば良いのでしょうか?

ランチョンマットを机いっぱいの大きさにしたいときは、
幅600×奥行400mmサイズがおすすめです。この大きさなら、新JISにも旧JISにも、どちらの机の場合でも対応できます。

机よりひとまわり小さくしたいときには
幅500×奥行300mmくらいがオススメです。

ちなみに、キャラクターデザインが入ったような市販のナフキン
幅430×奥行430mmというサイズが多く使われているので、このサイズでも良いかと思います。

ランチョンマットに関する動画

[ サイズ.COMトップページへ ]

人気のある記事


小学校の机のサイズをご紹介!!ナフキンを手作り際に参考にして下さい!!

Copyright c 2011-2017 サイズ.COM All Rights Reserved.